2007年5月

第14回
花咲き実れ女たち!


満々と水をたたえた田植え前の田んぼに、カエルの声がこだまする。ゲロッゲロッゲロッをBGMに、朝日のシャワーを浴びながら歩くひとときが好き。

ずっとやりたかったウオーキングを始めたのだ。母でもなくて、妻でもない。光の中でたったひとり。なんだか不思議な感覚に包まれる。ふうわ、ふうわり、今まで誰かが言った言葉や場面が浮かんでは消える。

「どうして陽だまりサロンは、すごいことになってるんですか?」 先日取材にいらした記者さんの、そんなひと言がよみがえった。

「取材」。自分の今まで歩んできた道を、ひとつひとつ見つめ直す作業。

いつも前を向いて突っ走っている私にとって、後ろを振り返り振り返り足跡をたどるそれは、ちょっと苦しく、そしてちょっと面白い修行のようなものだ。そんな非日常の、独特の空気感を持った時間は、時に自分でも気付かなかったことに気付かせてくれる。

「すごい?何がどうすごいんですか??」

「普通の親子が集まる場所とは、何か雰囲気が違うような気がして。他の育児サークルなんかだと、どなたかが紙芝居を読んだり手あそびしたりしますよね。でもここはお母さんたち向けの講座が毎日あって。しかも!なんなんでしょう、この講師陣の充実ぶりは。どこからどうやって、こういった優れた人材を集めてくるのですか」

ううむ。

普段何気なく通過しているあれこれをあらためて言葉にするには、あまりに語彙力が足りずしばし沈黙。

「・・・みんなが、助けてくれるんです。自分にはこれができる、自分はこんな事なら手伝えるって持ち寄ってくれて」

「磁石みたいですね」

「そうかもしれません。それでみんなであーでもない、こーでもないとわいわいやってると『なんだか楽しそう』って、また人が集まってくる」

「楽しいところに人は集まりますからね」

「そう。そうやって出会った人に刺激を受けて『私も何かできるはず』と、次の人材が育ってくる。・・・こういうの、なんて言うんでしたっけ?」

・・・・ 「好循環!!」 2人同時に、おんなじ言葉を叫んだ。

そうだ。陽だまりサロンは好循環しているんだ。

うつむき加減で訪れた人が、誰かの活躍を眼にして、次第次第に視線を上げる。分度器でいえば、わずか15度。たったそれだけの差で見える世界が変わり、広がり、輝き始める。

そうして心に何かが芽生えた人から順に、コロコロと軽やかに回り始めるのだ。そう、それはもう、見ていて気持ちいいほどに。

でもホントはそれって「陽だまりサロンは、すごい」のとは違う気がする。

だって、誰でも種を持っているんだから。最初から、何かの素質を持って生まれているんだから。

今までそれがわからなかっただけ。ここに来て、人に、才能に、能力に触れて、眠っていたものがザワザワしてきたんだよ。

「すごい」のは、ここに集まるひとりひとり。サロンはそれに「もう起きて」と揺さぶりをかける、スイッチなのかもしれないね。

田んぼのあぜにダシが並び、田植えの準備が始まった。秋には稲穂が頭を垂れる。

この小さな苗とともに、空に大きく背伸びして、花咲き、実れ、女たち!