2006年5月

第2回
あのころの私


大好きな布団干しができる季節になりました。

「おっ、今日も上天気。布団干し日和じゃ〜」

北国に住む人間の性なのでしょう、長い冬を抜けて、再び巡り会うお日様に心が弾みます。

「よっこらせっと」

重い布団を人数分手すりにかけ、ぐーんと太陽を見上げて深呼吸。私はこの、心も体も思いっきり解放される春が大好きです。

ちょうど去年の今日、娘が小学校に入学しました。あれから1年。娘は私の心配をよそに、たくさんの友達を作りおやじギャグを連発しています(例1、トド缶に手が届かん)。

去年、入学式で歓迎の歌や縄跳びを披露してくれた2年生を、ただただ「すごいっ」と尊敬のまなざしで見ていたのに、今年は娘がその立場になりました。1年でこんなに成長した娘が、なんだか頼もしく思えます(おやじギャグは別として。例2、アルミ缶の上にあるミカン)。

そんな折り、車を走らせていて、ふと自転車をとめて立っている女性が目にとまりました。年のころは18、9でしょうか。手には地図を持っています。瞬間、ほんの数年前(ウソです)の自分の姿がフラッシュバックしました。

秋田市の学校に進学するために、初めて親元を離れてこの街に来たころ。右も左もわからずに、でもたった一人で狭いアパートにいることに耐えきれず、ふらっと外に出ました。やはり、片手に地図を持ちながら。

なんのあてもなく立ち寄った店。「そういえば、入学式につけるヘアピンでも買おうかな」。そんなことを思い立ち、店員さんに声をかけました。

「すみません、あらたまった式の時はどんなのがいいでしょうか?」 「あら、入学式? おめでとうございます。こんなのはいかがかしら。。。」

そんなたわいもない話をし、その人が見立ててくれたピンを買い、ほこほこした気分で店を出ました。

本当はヘアピンなんてどうでもよかったんです。だれかと話がしたかっただけ。その日はまだ、だれとも話していなかったから。

「陽だまりサロン」に来る人もまた、そんなふうに話し相手を求めているのでしょう。人は、一人では生きていけないから。だれかと一緒にいて話をするだけでも救われるから。聞いてもらえるだけで、その日1日ハッピーになれるから。

そんな経験を、今まで何度となくしてきました。たくさんの人に助けられて、ここまで来ました。だから次は、私が見知らぬだれかに恩返しをする番だと思っています。

「がんばってね、私でよければいつでも話し相手になるよ」

そうつぶやきながら、バックミラーにだんだん小さくなる彼女を見送りました。