2006年7月

第4回
おにぎり


梅雨の合間にのぞく澄み渡った青空は、全てのけがれを流しきったようで目にしみる。

ほんの少し前まで辺りいっぱいに響いていたカエルの声も、少しずつセミにその座を渡し始めた。

「もうすぐ暑くなるな」

夏の気配が、さらりさらりと衣ずれのように近づくこの季節。なんだか訳もなくそわそわしてくる。

昨年の夏休み。陽だまりサロンでは、子どもたちが楽しめるようにと、「おにぎり作りとスイカ割り」を企画した。

実はこれ、小学生のママたちの、昼ご飯対策も兼ねてのことである。

子どもが学校に行った日、”家に残った”母の昼飯もまた”残り物”である(注:若松家の統計による)。

残り物同士、ウマが合う。いや、次の日の昼に食べようとわざと寄せているのだが。ううむ、どっちにしろ残り物は残り物か。。。ちと、悔しい。

それが夏休みとなると状況が一変。食べ盛りの子どもたちに残り物は通用しない。結果、暑い中うんうん汗を流して、そうめんやら何やら作ることになる。

「やってらんない」

給食に任せっきりになっている私の、正直な気持ちである。

きっとよそのお宅も似たり寄ったり。ならばたった一回でも、ママたちの負担を減らしてあげよう。そんなおせっかい気分で企てたこの企画は、大盛況のぎゅうぎゅう詰めだった。

たかがおにぎり作り、されどおにぎり作り。たった5合しか炊けないうちの釜で、朝から何度となくご飯を炊き、塩を混ぜ、具を用意し、海苔を切り分ける作業に追われた。

作業が始まると、あっちで器ごとご飯をひっくり返す子、こっちでけんかを始める子と、その対応に目の回るような忙しさ。

「そうめん3人分作ってるほうが、よっぽど楽だったよ」

夕立にあったような大汗状態で、ぽつりつぶやく。

それでも、「おいしい」「おかわり!」と言われると弱いんだな、これが。

迎えに来たママたちの、「ありがとう」「助かったわ」にもね。

この仕事、自己満足の世界だけれど、「私も誰かのお役に立てたかな」、そんな気持ちが清々しく、明日への原動力となっている。

今年はこれ、近くに住んでいらっしゃるおばあちゃんたちが担当してくれる。題して、「おいなり作りとスイカ割り」(スイカ割りはマストアイテム)!世代間交流も兼ねたこの催し。今度は私も、も少しゆっくり楽しませてもらうこととしよう。

夏休みを指折り数える子どもたち。昨日より少し上手に鳴けるようになった、セミの声がこだました。