2006年11月

第8回
親切のバトン


いくらか大人になったのだろうか。いつもならおいしい物やファッションに心動かされる秋なのに。

今年はやたらと紅葉見物に血が騒いだ。家族と行って友だちと行って、それでも足りなくて、一人で何度も車を走らせた。遠くの仕事に行くにも、わざわざ山道を選んだりして。

黄色や赤が、なぜ信号に使われているのかわかった気がした。真っ黄っ黄なイチョウを見つけては「おお〜」と速度をゆるめ、真っ赤な紅葉に至っては「写真に納めねば」と車を止める。「ふむふむ、信号は理にかなっているな」と感心することしきりであった。

そんな秋の一日、薬局をオープンさせた友人の話を聞く機会があった。

陽だまりサロンにもちょくちょく顔を出してくれ、うちで人気の「夢実現講座」で学んでいた方だ。この講座、あまりの人気で人が入りきらなくなり、定期的に大きな会場を借りて「分科会」を開くようになったのだ。

久しぶりに会ったその人は、以前とはまるで違った光を放ち、正に光り輝いていた。

「こんなに早く開店できるなんて、思ってもみなかったんです」

開口一番、彼女はそう切り出した。

「だって私、貯金ゼロだったんですから」「いつもぎりぎりの線で助成金がおりたり、株式の制度が変わったり、好都合なことが次々起きて」

「こうなりたという強い想いがあれば、結構なんとかなっちゃうんですよね」

実際に夢を叶えた人の口からこぼれる言葉は重みがあり、聞く人が皆熱心にペンを走らせていた。

「紙に書いてみるといいですよ。するといつの間にかそうなってることが多いから」

そのアドバイスに従い、それぞれがやりたいこと、欲しいものなどを書き付けていった。

しばし頭を悩ませた後、一人の女性がそれを読み上げた。

「私は、子ども連れで気軽に入れるレストランを作ります。今から3年〜5年の間に。7台車が止められる駐車場を確保します」

頭の中にはしっかりと青写真ができているのだろう。メニューはこういうもので、席数はこのくらいでと話す眼差しは、しっかりと前を見据えていた。

それに引き替え今の私は、次の目標が見つからずに白紙状態という有様。

「はは。。。テストなら0点だわさ」

友人に負けず劣らずキラキラしたみんなが、なんだかやたらと眩しく見えた。

「そういえば私も、今までたくさんの方からお力を借りてきたな。。。」

彼女たちの話を聞きながら、サロンを開きたかったあの頃の自分や、オープンまでのあれこれが思い出された。

「次は私が誰かを助ける番だ。自分が受けたご恩を、次の誰かに手渡していこう」

忙しさに紛れて忘れ気味になっていた気持ちが、おかげでまたぶり返してきた。

「親切のバトンをまわす」

真っ白な紙にたったひとつ、力いっぱいしたためた。

みんなの夢が叶いますように。