2007年1月

第10回
エールよ届け


「私もこんな、子育てサロンを開きたいんです」

陽だまりにちょこちょこ通ってくれていた彼女は、何度目かの来店時に、はにかみながら打ち明けてくれた。

スポーツ万能で均整のとれた体、ボーイッシュなすっきりした出で立ち。さばさばと語る口調とは裏腹に、「皆さんで召し上がってください」と手作りの土産を差し出す。まだ幼い娘さん二人に振り回されながらも、「はいはい」と世話をやく姿は微笑ましくもある。

「自分の育児だけでも手一杯なこの時期に、人のことまで考えられるなんてすごいな」

いつもいつも「いっぱいいっぱい」だった自分の子育てを省みて、素直にそう思う。

「夢に一歩近づきました」その後彼女が報告してくれた。ご自分の親と同居することになり、家を新築するのだという。その家の一部を、サロンスペースにするのだとか。「これから忙しくなります」。そう話す彼女の瞳は、キラキラと光り輝いていた。

けれど、運命のいたずらだろうか。家が完成しもうすぐ引っ越しという秋の日、彼女は浮かない顔でやってきた。

「どうやら、だんなが転勤みたいで。。。子どもが小さいうちは一緒にいたいから、私も付いていこうと思うんです」

夢が目前に迫ったところでのどんでん返し、どんなにかがっかりしたことだろう。

「そっか、残念だったね。でも家はずっとあるんだから、戻ってきたらやれるんだし。気を落とさないでね」

そんな、当たり障りのないことしか言ってあげられない自分が情けなかった。そうして彼女はとりあえず、予定通り新築の家へと越して行った。

「どうしてるかな。落ち込んでるだろうな。何か力になってあげられないかな」

気持ちを整理するように言葉をかみしめていた彼女の顔が、何度も何度も脳裏をかすめる。

ところがその数日後、そんなやりきれなさを見事に裏切るメールが届いた。

「子育てサロンの夢は延期になったけど、今できることから始めようと思います。まずは場所を借りて、ママカフェ的な活動をします。日程も決めて告知もしたので、その準備に向けて今、大忙しです」

「おっとっと、そう来たかい!?」

スピーディーできっぱりとした彼女の決断に、あっはっはと笑い出したいくらい清々しい気持ちになった。

これからもいろんな試練があるだろう、思い通りにならず迷うことだってあるだろう。でも彼女なら、大丈夫。きっと周りを驚かせながらも、そつなくすいすい超えていける。

ス〜

これ以上ないくらい、お腹いっぱいに息を吸い込む。

「張り切っていこおおおお!!」

北に越した彼女に届けとばかり、大空に向かって精一杯の声を張り上げた。