2007年12月

第21回
靴ひもを結んで


朝、子ども達を学校へ送り出した後。
夜、子ども達が寝静まった後。
遙かに続くような静けさに包まれ、来年の夢を思い描く時間が好き。

きたる1年、どんな年にしよう。美味しいものをたらふく食べてさ、たまには温泉旅行になんぞ出かけ、みんな健康で幸せであればそれでいい・・・。とは、みじんも思わない。それに一つも二つも輪をかけて、やりたいことはいっぱいあるんだ。

昨日とおんなじ今日なんてつまらない。せっかくこの世に生を受けたんだから、自分を成長させなくっちゃ神様に申し訳ない。そのための「夢」なのだ。自分を奮い立たせ、向上させるための、ね。

周りにも、夢を話してくれる人がたくさんいる。

「素敵なお家を建てて、ダンススタジオを併設するの」
「ママさんケータリングで、子育て中のママ達に美味しいごはんを届けてあげたい」
「難病の子供の家族をサポートする、宿泊施設を立ち上げるから手伝ってほしい」

夢は果てなく、果てしなく。彼女たちの夢がいつかふんわり花開くのを、わくわくしながら応援している。

「一つのことが成功すると、『自分にもできるんだ』って自信がつくよ。だから、ちっちゃな成功体験をたくさん積み重ねるのが、大きく成功するコツなんだって」誰かがそんなことを言っていた。

「ちっちゃな成功体験」か。

そう言えば。「次々夢を叶えてるよね」、時々そう言ってもらえる私の手帳は、ちっちゃな成功体験で一杯だ。とはいえ何も大げさなことではない。1日のスケジュール欄に「醤油を買う」だの「手紙を出す」だの、その日の用事を書き込んでおく。そうしてそれをやり終えたら「終わった終わった、成功成功」と用事をペンで塗りつぶすのだ。たったそれだけ。それが私の「成功体験」。

「やり終えたことは成功したこと」、私の中ではそんな位置づけ。だからそんな「成功体験」で手帳は真っ黒、てんこもり。これがコツだと言うのだから、きっと大きな夢も叶っていくことだろう。

夢はでっかく、締まっていこう! 叶いそうもないほどでっかい方が、気持ちも奮い立つじゃない? そうしてその未来は、ささやかな日常のあれこれからつながっていく。

その日のためにさあ今から、靴のひもをぎゅっと結んで、光に向かって歩き出そう。