2008年2月

第23回
神様からの贈り物


夏生まれのせいだろうか。いまだ、冬とのうまい付き合い方がわからない。スキーは学生時代にやったきり。スケートならたまに行くけど。スノボ?そんなの私の守備範囲にない。

あ、鍋なら好き。ほかほかの湯気をかき分け、みんなで突っつく雰囲気が楽しげで。

そんなだからだろうか、初めてママになった冬はしんどかった。

コンクリートの官舎の中、ストーブが付いた一部屋で赤ちゃんと2人っきり。抱いていないと泣く赤ちゃんを抱え、結露だらけの窓の外をぼんやり眺めていた。大人と話しがしたくて、なのに外にも出られずに、毎日空回りしていたっけ。

「そんな体験を話してほしい。陽だまりサロンを作った経緯も」

ある会からお声がかかった。

「そんなんでよければ」と、お返事3秒でお引き受け。

あの頃。育児の悩みを話すと先輩ママは、「すぐに大きくなるわよ」と言った。でも、出口の見えない子育てまっただ中にいると「すぐ」がいつなのかわからなかった。

「誰か助けて」

「話を聞いて」

「ひとりじゃ大変すぎるよ」と、心が叫んでいた。

私もこの先子どもが育てば、「すぐに大きくなるわよ」と笑い飛ばすかもしれない。仕事を見つけて、外に働きに行くことだってできる。

でも。

誰かが、子育ての辛さも楽しさも体験した誰かが、次のお母さんを支えてあげなければ。

じゃないと、いつまでたっても子育ては大変なままになってしまう。
だから私はここに立ち止まり、乳幼児期の子どもを持つママを応援しよう。

〜3年前、そう決めたんだ。

「支援者となる人へのメッセージも」と請われ、「なんだろなー」と頭を抱えた。

『自分がしてほしかったことを、人に返す』

なんてことはない、これが私の基本スタンス。

子どもを見ていてほしい人には、目を

抱いていてほしい人には、手を

聞いてほしい人には、耳を貸す。

「これだけ?」と言われると困っちゃうけど、本当にこれだけ。
神様はきっと、「2つつけておくからね。ひとつは人に貸してあげなさい」、そう言って目と手と耳をつけてくれたと思うから。

それで誰かがちょっと楽になれるなら、喜んで片方を差し出していこう。いつか私がしてもらったように。

口?

口は一つだから最後でいいの。「聞いて、聞いて、最後に話す」くらいで。・・・と、自戒を込めて記しておきます(汗)。