2008年10月

第31回
笑顔の魔法


笑って子育て、してますか?

子供を生んでから笑うまで、私は3年費やした。

あの頃は、いつも必死で、いっぱいいっぱいで。笑うことなんて、全然まったく忘れていた。そんな私が笑ったのは、ホントにひょんなことだった。

いつもぐずぐず、静電気みたいにくっついている子ども達。なのにその日はなぜか、隣の部屋でしーんとしていた。

「子どもが静かな時」は、たいてい「何かやらかしてる時」である。そうは思ったが、こんな機会はめったにない。私は珈琲を淹れ、熱いうちに、たったひとりで、座って(←これ、どれも重要)飲み始めた。

一口すすったところで、すでに登場。「おかあさ〜ん」。てててっとやってきた2人を見て、「ぶっ」と珈琲を吹き出した。

現れた2人には、目がみっつ、口ひげ、ちょびひげ、猫のひげ。息子の顔には、ばかぼんのうず巻きが所狭しと描き込まれている。しかも油性の極太マジックで。

娘は鏡を見ながら描いたのだろう。息子はきっと頭を押さえつけられて、されるがままになっていたに違いない。

その顔がまあおかしくて。かわいくて。1日笑い転げていた。

その日だっていつもと変わらず子どもらは、いたずらもすればケンカもした。怒られるようなこともいっぱいしてた。

なのに、怒れないんである。「こらっ」と言ったところで、顔を見れば笑っちゃうんである。

夜になり、寝かしつけた後ふと思った。
「こんなに笑ったのはいつぶりだろう。
そういえば私、ずっと笑ってなかったな」と。

「あれ?それに、子ども達も今日はずっとご機嫌だった。
そっか、私が笑えば、子どもも笑うんだ。
子は親の鏡ってこのことか・・・?」
そんなことをうつらうつらと思いながら、深い眠りへおちていった。

次の日。ふと開いた本の1ページに、こんなことが書かれていた。

「楽しいから笑うと思ってるでしょう?
でも、それだけじゃないんだよ。
笑うから楽しくなることもあるんだよ。 
笑顔のあなたに人は集まる。
笑顔のあなたに幸せがやってくる。」

そっか、笑うから楽しくなることもあるんだね。
笑顔でいる私のそばで、けらけら遊ぶ子どもを見てると、あたたかい気持ちで満たされてくるよ。
幸せな気持ちで満たされてくるよ。
「先に笑う」も「有り」なんだ。

笑顔の魔法、あなたも試してみませんか?