2008年12月

第33回
お得な時間の使い方


「一石二鳥」「一挙両得」

主婦ゆえか、こんなお得感のある響きにめっぽう弱い。

赤ちゃんを抱きながら、スクワットをする。
台所仕事をしながら、子どもと九九の競争をする。
車の運転をしながら、仕事のシミュレーションをする。
どれもやりながら「私ってば、時間の使い方の天才!」と自画自賛している。

そんな私が、冬になるとウオーキングと入れ替わりに力を入れることがある。それは「エアロバイクをこぎながら、読書する」こと。しかも、Tシャツ+短パン姿で。

読みたい本を持ってペダルをこぎ出す。20分もすると私の周りだけ常夏・亜熱帯気候(?)。冷え性の私には効果抜群、ショウガ湯よりもホッカイロよりも体の芯が暖まる。密かにこれ、「自家発電」と呼んでいる。

おやつを食べ過ぎた時のカロリー消費にも一役買ってくれる。ポテチを一袋食べたら「500キロカロリー」までこいで「なかったこと」にする。

それどころか。私の場合、こぎながら食べることもあるから大したものだ。「これで帳消し」と思えば、「あ〜あ、また食べちゃったよ」という罪悪感もない。
ランナーズハイのようなものか。それとも読書の楽しさがそうさせているのか、苦しさよりも心地よさが先に立つ。

もはや一石二鳥どころの話しではない。
暖房費節約、冷え改善。
おやつ食べ放題。なのに、久しぶりに会った人から「すっきりしたね」と言われる。
読書時間確保で「向上してる感」アップ。
三鳥も四鳥も鳥が捕れる。

さて、あなたのお得な時間の使い方はなんですか?「むむ?見あたらないなあ」とおっしゃる方、「一石二鳥」を意識してみては。

歯磨きしながら腰回し体操をする。
子どもをお腹に乗せて、遊びながら腹筋する。
電話しながら、ぞうきんスリッパで拭き掃除をする。

ちょっとの意識変換で、あなたも子どもも床までも、ぴかぴかに輝き出すよ。