2009年11月

第44回
風穴


その人は、爽やかな空気をたずさえてやってきた。

「こんにちは。柵を直しにやってきました」

ベランダにある格子状の柵。その格子に子ども達が足をかけたりするものだから、ところどころ外れたり斜めになったり。それを大工さんが直しに来てくれた。

「2階に上がってください」

案内した先には息子とその友だちが2人。電子ゲームに夢中になっている。

ゲームより身体を動かしてほしい。人と関わって遊んでほしい。そう思って我が家にゲーム機の類はない。

だが友だちが持ち込むものまでは禁止もできず。「もお〜っ」と思いながらも容認してしまっている。

その横を大工さんが通り過ぎる。

「お?3年生くらいかな。うちの孫と同じくらいだ」

図星である。

画面に釘付けだった子ども達の目が、一瞬大工さんを捉え「うん」とうなずいた。

大工さんはベランダに出ると、メジャーや曲尺を取り出して格子の様子を調べ始めた。いつの間に来たのだろう。子ども達がその様子に興味深げに見入っている。

「う〜ん、これは取り換えるよりも、ビスでひとつひとつ留めた方がいいな」

大工さんの独り言。

そしてふと、後ろに並んだギャラリーに気付いて声をかけた。

「3年生というと、掛け算も習っている頃だな」

「うん。割り算だって習ったよ」

「ってぇことはだ。ビスはいくら必要だ? 1、2、3、4・・・。7×9はいくらだ?」

「7・9、63!」

子ども達の声が自慢げに揃う。

「んで?それがいつつ。63×5ではどうだ?」

「え〜!?」

さっきの自信はどこへやら。急にそわそわし始める。紙に式を書く子。ビス留め部分を数える子。はたまた「計算機は?」と聞きに来る子(あ。うちの子です)。その様子を大工さんはにこにこしながら見守っている。少したって。

「315!」

筆算した子の声が一番乗り。わが子の声が二番乗り。その後は、数を数える子どもと声を合わせる。

「・・・・313、314、315! やった〜、あってる〜!!」

「よし!じゃあおっちゃん、ビスを注文しよう」

そう言って大工さんは子ども達の目の前で携帯電話を取り出し、ビスを315個注文した。それを見つめる子ども達の誇らしげな顔ったら。「鼻息フンフン」が聞こえてきそうなほどである。

そっか、そうだね。お母さんはなんだか少しわかった気がする。

子どもだって人の役に立ちたがっていること。
生活の中にも学びの元はいっぱい落ちていること。
ゲーム禁止より、興味の持てる何かを見つけてあげればいいこと、など。
(息子は計算機を使ってさえ、計算が遅いこともね)

次の日、早速ビスが留められた。
すっかりきれいになった柵の間から、わが家に心地よい風が吹き込んだ。