2013年10月

第91回
夢は叶う3


夢が叶う日がやってきました。
とうとうやってきました。
石川尚子さんの講演会当日です。
準備は万端、後はお迎えに上がるだけ。
まさかの頭痛+地下道通行止めと闘いつつ、ホテルロビーに滑り込みセーフ!
石川さんが「なんだか初めて会った気がしな~い」、満面の笑顔で待っていてくれました。

夢にまで描いたご本人が目の前にいる! 
一緒にいただいたお昼ごはん「秋田の名物いっぱいのパレットランチ」も、何を食べているのかさっぱりわかりませんでした。

石川さんが中学生に向けてお話した「夢を叶えるコミュニケーション」。
これを、何回かにわたってご紹介します。

「私は子どもの頃、なりたい仕事がたくさんありました」
お話は、そんなふうに滑り出しました。
「通訳、弁護士、薬剤師…。
人に話すと『ムリムリムリムリ』って言われて、いつもあきらめてきました。
今はビジネスコーチとして毎日忙しく跳び回っています」

―― ビジネスコーチ? なんだろう、それ。 どの子の顔にもそう書かれています。

「スポーツにはコーチがいます。
私にもコーチがいます。
そのコーチは『ムリ』って言わないんですよ。
だから私は今、好きな仕事に就くことができています。
あなたもやりたいことや夢があるでしょう?
それを叶える方法を、今日はお伝えします」

――1センチ。わずか1センチですが、子どもたちの身体が前に出たような気がしました。

「あなたの口癖はなんですか? ちょっと聞いてみましょう」
「眠い」

「疲れた」
「わかんない」
「そうですね。どこの学校もだいたいおんなじ答えが出ます。
そういったことを、1日にどのくらい考えていると思いますか?」

―― お話は、クイズを交えながら軽快に進んでいきます。

「なんと、1万回以上です。
 少ない人でも3万回、多い人だと9万回も自分の中で会話しているんです。
それだけの回数『眠い』『疲れた』『わかんない』って自分に言い聞かせていることになります」

―― 子どもたち、ざわざわ。「え~、そんなに」と言う声が聞こえてきます。

「それにね、脳は『人称』をカットするんですよ。
 IとYouの区別がつかないということです」

―― はて??それってなんだろう。

「人に『おまえ、ばかじゃない?』って言っても、『おまえ』はカットします。
 すると『ばかじゃない?』だけが、自分の中に入ってきます。
 人の悪口を言っても、自分のことを言っているんだと脳は勘違いするわけです。
 そう考えると、悪口言うのって怖くありませんか?」

―― ううむ、そうだったのか。子どもたちの顔がそう言っています。

そういえば息子、昨日「くそばばあ!」って言ったっけ。それも息子に返っていくのだな。

「毎日3万回から9万回も自分の中で行きかう言葉。
それが自分に影響しないわけがない、そう思いませんか?
『眠い』『疲れた』『ばかじゃない?』、そんな言葉で自分を埋めたらもったいないです。
言葉っておもしろいんですよ。
言ったとおりになるから。
その言葉をどうするかで、あなたの未来が変わってきます」

さあ、どんなお話が聞けたのでしょう。
続きは、また今度。