2013年11月

第92回
夢は叶う4


中学生に向けて夢の叶え方を語ってくれた石川尚子さん講演録、第2弾となります。
「言葉っておもしろいんですよ。
言ったとおりになるから」
それに続けてこんなことを話してくれました。
 
「私は晴れ女です。
それを言い続けていたら、今では本当にそうなりました。
降水確率90%でも、私が行くと晴れるんです」

え~、ホントかな~。

「ある国の女の子は、かわいい子がとっても多いんです。
その子たちは学校に行く前に、鏡の前で言うんですって。
『私ってかわいい!』。 あなたも明日から言ってみてください」

え~とか、あははという笑い声がもれています。

「それでね、私はビジネスコーチだと言いました。
私のコーチに、本を出したいと相談しました。
それまでほかの人は『ムリムリムリムリ』と言いました。だから私もあきらめました。
だけどコーチは、そうは言いませんでした。
なんと言ったと思いますか?」

? ? ?

「本を出したいと言った私に、コーチは言いました。
『いいね! じゃあどうする?』と。
そう言われたら、やめようなんて思わないんです。
『どうすれば出せるかな?』と考えるようになるんです。
そうだ、原稿書かなくちゃ。
書いたら出版社に持ち込もう。
そこで断られたら、次、どこに持ち込めばいいかな。
そうやって、『できる方法』を考えるようになったんです」

そうして、ホワイトボードに大きく書き出しました。

「どうすればいい?」

「これからは、やりたいことがあったら『どうすればいい?』と自分に聞いてください。
するとできる方法を考えるようになります。
ムリと言われたことも、成し遂げられるようになります。私が本を出版できたように」

きら~ん! 子どもたちの顔が輝きを増しました。

「言葉には大きな力があります。
3万回から9万回自分の中で行きかう言葉を、ぜひいい言葉にしていってください。
私は30歳過ぎてから気づいたけど、あなたたちはまだ10代。
今からやったら、ものすごいことになると思いませんか?」

言葉の力。
コトバのチカラ。
次回はそれについて書いていきます。