2014年7月

第100回!!!
ひとつ ひとつ


じわじわと夏本番が迫っています。
いかがお過ごしですか?

おかげさまでこのコラムも、100回を数えました。
読んでくださる方あってこそです。心より御礼申し上げます。

今まで書いて来たものは、日常の中でふと心にとまったもの、感じたことなどでし
た。

陽だまりサロンを始めたきっかけや、そこで目にしたあれこれや。
出会ったお母さんのこと、生まれた赤ちゃんのこと、転勤で別れ行く日のことなど。

そんな一回一回が積み重って、いつの間にか100回になっていました。

それは、子育てにも通じる気がします。
今あなたが送っている一日一日。
それが雪のようにふわり積もって、子どもは成長していきます。

「おはよう」と言って起こす朝。
ごはんは何にしようかな、洋服はどれがいいかな。
あ〜ほらも〜、みそ汁がこぼれてるよ。

外遊びは暑くなる前に。
掃除もそこそこ、麦茶を持ってお外にGoGo!
砂に、ブランコ、滑り台。帰りの合図は「おなかすいた〜」。

お昼を食べて、昼寝して。
頼むからゆっくり寝てねと、うちわで風を送ってやって。

そんな何気ない時間が、子どもを育てています。

今は毎日一生懸命で「かわいい」と思う余裕はないかもしれません。
一緒にいる日々が、このまま永遠に続くような気がするかもしれません。

けれど実際、ぷくぷくの手をつないで歩くのも、
ほっぺにちゅうして喜ばれるのも、期間限定、今だけです。
そのうち「やめてよ」と言われます。しかも真顔で。眉毛段差で。

いつかこの当たり前の日々を、大切な時間だったなと思い起こすことでしょう。
「あんなこともあった」「こんなこともあった」と懐かしく思うでしょう。
一回ずつが重なって、100回を迎えたこのコラムのように———。

さて、そんな一日を、今日はどう過ごしましょうか?