子育て相談室-児童期 2002年11月

子どもとテレビゲームの関係


 小学3年の男子です。友達と遊ぶといってもテレビゲームばかり。いっしょに遊んでいると思えません。問題は無いのかと心配になります。子供とテレビゲームの関係について教えていただけないでしょうか。


 テレビゲームに熱中すると、脳内に快感物質といわれるドーパミンが放出され、高揚感を経験するといいます。問題は、ドーパミンが一度に出たあとには、それが在庫不足となり、勉強や家事などをやろうという意欲が湧かなくなることです。

弱まる自己コントロール力


 中野区が、小中学生を対象に行なった調査では「テレビゲームをやる時間が長い子ほど、自分の怒りをコントロールする力が低く、攻撃的言動をとりやすい」と報告されています。競い合いは四〜五歳から見られますが、子どもは道徳を知るなかで、「強いよりも正しい方がよい」という判断基準を獲得します。テレビゲームは子どもを、「競い合い」の段階に留めてしまう可能性があります。

本当は頭を使ってない「ゲーム脳」


 テレビゲームで遊んでいる間は、人間にとって最も大切な脳の機能を使っていないことが、脳波や脳の画像研究でわかってきました。最も大切な機能とは、額のすぐ裏にある「前頭前野」での感情や行動の統制などです。テレビゲームでは、頭を使っているように思います。

 しかし「目から入る刺激に対し、前頭前野を使うプロセスを踏まないまま、反射的に手を動かしている」だけとの研究結果が報告されています。ゲーム脳になると、切れやすくなるともされます。また、物忘れが激しくなり、約束を忘れたりして、日常生活に支障を来たすこともあるといいます。

現実とのズレ


 脳の代謝研究などで有名な瀬川氏は、「ゲームで植え付けられたものを、現実にやろうとする衝動に歯止めがかからなく可能性がある」と警告しています。このことは、ゲームの世界と現実の世界の境目が、薄くなったり、あるいはなくなることを予想させます。

テレビゲームにどう対応すべきか


まったくさせてはいけないから、30分程度までならと、さまざまな意見があります。ただ共通しているのは、何らかの時間制限の必要性です。

 正高信夫氏は、「自然環境に住む子はテレビゲームに興味を示さない」といいます。その自然を伝え、教えるのは、父親の役目と続きます。そして、子どもがゲームに惹かれるのは、父親との交流が乏しいからとの考えを示しています。父親ばかりでなく、ほかの子どもや仲間との交流が少ないことを問題視するのも、識者に共通したものです。社会性の発達への悪影響が確かにありえます。

(参考)正高信夫著 「父親力」中公新書、2002