子育て相談室-青年期 2008年9月

ケータイと親の役目


 子の誕生日プレゼントに(子がどうしてもということで)携帯電話を考えています。フィルタリングという機能があるようですが、子どもがこれを嫌がります。必要なサイトが見られなくなると言うのです。問題を起こさないようにフィルタリングをかけるか、様子を見るか。どちらの選択が正しいのでしょうか。


 いまの携帯電話には、通話機能だけではなく、位置を教える、メールの送受、情報収集機能などがついています。さらにブログなど、自分で情報を作成し多数に向かって発信するなど、表現手段にもなりえます。

 電話というよりも、これまでになかった「ケータイ」という情報端末であるともいわれる由縁です。

 子どもさんが、フィルタリングを嫌がるのは、さまざまなケータイ機能について、親から利用制限されることへの抵抗なのでしょう。

未熟な子どもが世界と繋がることへの不安


 子どもは、親から自立したいと考えます。「自分で考えて判断し、自由に行動したい」と願います。親の方は、子どもの「考えて判断する能力」が、未熟ではないかと不安です。

 無機質で機械が作っているようにも感じる電子情報ですが、実際には人間が作っています。そこに、どんな悪意が隠されているかもしれません。親は、未熟な子どもが情報と自由にアクセスできるようになったときに、無批判にそれを受け入れるのではないかと心配になります。

 子どもが、テレビや映画を無批判に観ることは危険です。たとえウソでも、それをホントと思いこむ可能性があります。

 イギリスやカナダでは、小学生の頃からテレビなどを鵜呑みにしないことを教える「メディア・リテラシー」という授業があります。 

 日本では、このような授業がなく、無批判にマスコミ情報を信じてしまう危険性が常にあります。

フィルタリング可否の判断と子どもの育ち


 フィルタリング利用の判断は年齢にもよりますが、子どものなかに批判能力が育っているかどうかにあると思います。

 自分で考える力が弱く、鵜呑みにしてだまされそうであれば、親はフィルタリングをかけなくてはいけません。

 無知無垢のまま世界とつながらせるのは、誘惑の多い繁華街を、子どもひとりで歩かせるようなものだからです。それほどに、インターネットの世界は危険です。

 もしもフィルタリングをしない場合には、誘惑の多いサイトは危険であることを子どもに話し、批判的に接触することを教えたいものです。

 あわせて子どもが自分で稼ぎ、ケータイの利用料を払うようになるまでは、親がある程度、接触先について監視する必要もあるでしょう。

 ケータイは、親にとって子どもを危険から守る道具でもあります。だから「緊急連絡用」にケータイを持たせます。ケータイについては、子どもを守るという親の役目を忘れずに判断したいものです。