最近「子ども事情」part 2 2007年5月

第10回目
変化する子と祖母の目


「障害」のことばに驚いたおばあちゃん


 先日、あるおばあちゃんからお孫さんのことで相談がありました。お孫さんは4歳、市の発達支援センターで「広汎性発達障害」と診断されたそうです。この広汎性発達障害の診断名ですが、自閉の度合いが強くない子に出ます。

 おばあちゃんは、他にもいる孫より「奥手な子かな」と思っていたそうです。つまり、さほど心配はしていなかったわけです。幼稚園の先生から、少々落ち着かない、ことばが少し遅いなどでセンターをすすめられ、そこで「広汎性発達障害」の診断名が告げられました。

 まず「障害」ということばに驚いたといいます。確かに「障害」と聞くと、「変わらない、よくならない」という印象があります。

発達障害よりは「発達の様子」が適切


 発達障害は他の障害と違い、発達期の子どもに現れます。子どもは大人と違い、「未熟性」を持っています。この未熟性ですが、さまざまなことを学ぶことで、成熟していくことがありえます。

 実は、未熟なのか障害なのか、その見極めは専門家でも難しいことがあります。このこともあり、発達障害の専門家は、子どもの診断名が変わることに、あまり抵抗がありません。

 さらにいえば、医師によっても診断名はよく違い、医師どうしの一致率は決して100%でないのは確かです。

 発達障害というよりも、その時々での「発達の様子、状態」と表現した方が正確と思います。

変化する子どもと、成長を見通す祖母の目


 筆者が体験した子ですが、3歳のときに自閉症と診断された、その直後から付き合ってきました。小学校入学前にことばの力が伸びだし、通常学級に入りました。10歳では落ち着きがないといわれたりしましたが、小学校のあと、通常の中学、私立の高校、専門学校へと進みました。現在は介護福祉士の資格を持ち、老人施設で働いています。

 この子ですが、おばあちゃんが「わかるようになる」と断言していました。多くの子どもや人を見てきた、まさに経験からの確信と思います。

 専門家も、当然ですが経験者にはかなわないことがあります。相談してきたおばあちゃんには、そういう話をしました。